大國魂神社

最終更新: 2018年6月14日

府中市に住み始めて、もうすぐ10年になります。


元は九州出身で、旦那の仕事の関係で最初は川崎に住み、

そのあと府中市に引っ越してきました。


京王線沿線に住むことは決めていたのですが何駅に住むかは迷っており。


不動産屋さんに連れられて最初に調布を見て

そのあと府中を見て

「あ、絶対ここがいい」と思ったのは大國魂神社があったからでした。


木陰が気持ち良い

大國魂神社に続くけやき並木の素晴らしさもグッときたんですが。


何より私を感動させたのは

この街は、参道におみやげ屋さんとかが一つもない!ということでしたw


私の地元には有名な神社があり、

その参道は(しょうがないんですが)おみやげ屋さんとかもうなんやかんやカオスに色々あります。

大きい神社がある街はそういうものだと思ってました。

でも府中はここは違った。


いい意味で神社に全くあやかろうとしてない!!

うわぁ、ちょっとめちゃくちゃかっこいいなここ・・・!!


とても自然に街に馴染んでいて、みんな当たり前に参拝をしたり

神社の前を通る通勤の人が自然に一礼をして行ったり。


神様と街と人が一緒に暮らしている。

それをみんなきっと当たり前だと、不思議に思ってないんでしょう。


府中市自体が経済的に豊かということもあると思うんですが

きっとずっとずっと昔からこういう景色だったんだろうなと

私はとても感動しました。


そして10年、ずっと大好き。

むしろどんどん好きになる街。


私は小さい頃から転勤族で、一つの街に長くいたことがあまりありません。

だから住む土地に執着もないし、とくに好きだと思ったこともなかった。

でも、ここは本当に好き。

街の人もみんないい人。長く住んでる人が多い理由も本当にわかります。


でも商業施設とかそういうの何があるの?って聞かれたら・・

え、いや、それは別に何もないかな、、?

って答えてしまうけど^^;


大國魂神社がある。美しいけやき並木がある。街の人が暖かい。桜通りの桜の綺麗さ。

住むのにこれ以上に必要なことなんてあるだろうか。(言い過ぎですか?)


暇があれば毎日のように朝、大國魂神社に参拝に行っています。

行かなきゃ、というより

行きたいなと自然に思うから不思議。

神社好きだから色々行ってきましたが、ここは特にとても暖かくて優しい場所。

キリッとする雰囲気じゃなくて、包み込んでくれるようなそんな雰囲気です。


癒しの空間


人形流しもあります

参拝するときは本殿の後に周りの神社にもご挨拶します。

そして特に奥にいらっしゃる、御神木の大銀杏。

いつも優しく迎えてくれていろんなことを教えてくれます。


府中市について熱く語りすぎちゃった・・

こんなに大好きな土地に来れて幸せです


大銀杏さん


  • facebook
  • Instagram

© 2018 by atoca design